わきがで悩んでいたのが気にならなくなった2つの対処方法

小学校高学年の頃、気が付くと体操服のワキの部分が黄色くなって目立ってしまいました。

 

当時はワキガとはどんなものか分からず悩みもありませんでしたが、中学校に上がった後からは悩みの連続でした。

 

制服の白シャツも汗が出て、ワキ汗になったりニオイ移りが怖く、友達はキャミソールだけで済んでいるのに、私は汗ジミやニオイがバレたくないので中にTシャツを着ていました。

 

高校になると精神的な物もあるのか中学校時代よりも悩みが深くなりました。

 

制服がセーラーになるので頻繁に洗えず、中のポリエステルの部分に汗が染みてニオイがついてしまいました。

 

友人が「あれ?カレー食べてきた?」と悪気なく聞いてきたのが未だに思い返すと辛いです。

 

焦ったり精神的な負担が掛かると余計にワキにだけ汗をかいてしまって臭うので、最終的には脇にトイレットペーパーをはさんで過ごすという事もしました。

 

もちろん制汗剤も使ったりロールタイプも使いましたが効果がなかったのです。

 

もうずっと悩み続けるんだ、白い服は使い捨てと割り切るしかないんだと諦めて数年経ちました。

 

社会人になっても高校時代から変わらない悩みを持っていましたが、ある時新しい物と出会いました。

 

汗自体をストップさせる制汗剤

今まで使っていた制汗剤は、汗予防・ニオイ予防とは言っていましたが時間がたてば意味がないものばかりでした。

 

しかし、最近の商品は進化してきて、汗腺に働きかけるタイプのものは汗に蓋をしてくれる感覚なので、ワキ汗でヒヤヒヤしたりニオイ移りも少なくなるようになりました。

 

ワンシーズンで使い捨てだった白トップスが捨てなくても済んだ

今まで洗濯をしてもニオイが取りきれないのか、何回か着用していると薄く黄色くなったりニオイが奥の方に染みついていたりしていました。

 

特にニオイは柔軟剤などでケアをしても、新たに汗が出てくるとそれに反応するかのように再び服からワキガの臭いが出てくるので捨てるしかありませんでした。

 

そこで、ワキ汗のつく部分にはシミ取り用の部分洗剤でもみ洗いをしておき、そのあとに50℃程度のお湯に服を入れて酸素系漂白剤を入れて1時間待つ方法を取りました。

 

そうすると今までワキ汗の臭いが復活していた服も完全に臭いがリセットされて捨てなくも済むようになりました。

 

相談したくても出来ない悩みなので困っていたらぜひ試してみてほしいです。

イオンクリアに出会ってわきがのトラウマを克服

中学生の時に母からわきがかもしれないと言われました。

 

その当時はわきがをよく理解していなかったので母から言われるがままに部活の前後は制汗剤スプレーを欠かさずにしていました。

 

高校に進学と同時に部活をやめたので日常生活で汗をかくこともなくなり、わきがに関してはすっかり忘れていました。

 

わきがでとても恥ずかしい思いをしたのは大学生になりアメリカ留学をしている時です。

 

同じように日本からの留学生何人かで夏休みに移動遊園地に遊びに行った時の事です。

 

初めての移動遊園地に興奮してはしゃぎまくっていたらグループの1人の男の子にわきが臭いと指摘されたのです。

 

もちろん2人になった時に言ってくれましたが、思春期真っ只中でしたのでそれがトラウマになりました。

 

指摘されて直ぐにアメリカで買える制汗剤スプレーを使用しましたが、少し汗をかくだけでも臭ってるのではないかと不安になってしまうようになり、汗を頻繁にかく季節は腕を上げたりもできなくなりましたし、汗をかかないように少し肌寒いくらいの格好をするようになってしまいました。

 

日本に帰国後、わきが対策用グッズを色々探して服から消臭できるスプレーのイオンクリアに出会いました。

 

これに出会ってからは大学生時代のように汗にびくつく生活は終わり、うっかり制汗剤スプレーをせずに出掛けた時でも安心して過ごせています。

ワキガに悩んだ20代

昔から脇の臭いが気になって人前で腕を上げられませんでした。

 

ワキ毛を自分でピンセットを使って脱毛していたら、さらに臭いが気になるように。

 

今思えば間違った脱毛で毛穴が開いたり、細菌が繁殖してさらにワキガを悪化させていたようです。

 

ワキガが気になるので自分に自信が持てず、恋愛もうまくいかない日々。

 

社会人になってどうにかしなければと奮い立ちました。

 

ワキガの手術も悩んだのですが、勇気がわかずエステでワキ毛の脱毛に通うことに。

 

一年通って脇はツルツルになって臭いも前ほど気にならなくなったようです。

 

すごい効果でした。

 

最近はいいデオドラントも出ているので、お世話になっています。

 

ワキガ体質の方は脇に汗をかきやすいようです。

 

だからクリームタイプのデオドラントを使うとさらに効果的でした。

 

汗をかかないようにするクリームも出ているのでそれも試したいですね。

 

あと、臭いが気になるからといってお風呂の時にごしごし洗わない方がいいみたいです。

わきがの臭いに効くというみょうばん水を試してみました

季節的にあたたかくなってきて、汗をかきはじめる時期になりましたね。

 

我が家の旦那さまは、なにを隠そう「わきが気味」です。

 

冬のように汗をかかない時期は大丈夫なのですが、どうも汗をかきはじめるとツーンという刺激臭を放ちはじめるんですね。

 

だけど、手術をするほどヒドイ訳ではないですし、「何かわきがの対策方法がないかしら。」とネットで色々と調べる日々。

 

で、先日見つけたのが『みょうばん水』なるもの。

 

この『みょうばん水』、皮膚表面に繁殖してしまった菌の殺菌効果があるらしく、だいぶ臭いが軽減するということなのです。

 

これは試すしかない。と、先日さっそく作ってみました。材料は、

  1. みょうばん
  2. 専用ボトル(スプレータイプが便利)

以上3点を用意して、水150:みょうばん1の割合で混ぜるだけ。簡単でした。

 

翌日、気温が高かったので、さっそく旦那さまには会社へ持参してもらい、時間があるときに、みょうばん水を使って脇の下をフキフキしてもらいました。

 

すると、その日のシャツは臭ってない。ほぼ無臭だったのです。

 

これから夏にかけて使えそうです。

 

少しでも汗やわきがの臭いが気にならない、さわやかな旦那様で居てほしいですからね。

 

あまりお金もかかりませんし、おススメです。

学生のわきがの悩みと親の役割について

日常生活におけるわきがの悩みは、なぜ起きてしまうのでしょう?

 

そもそも、わきがで悩む根本的な原因は、人間関係に起因するものでしょう。

 

10代でわきがに悩んでいる若者もいるようです。

 

特に多感な時期である学生は、他人から自分の体臭のことで揶揄されれば、とても傷つくことになるでしょう。

 

ありがちな話しとしては、実際には全く体臭がきつくもないのに、「あいつはクサい。」等と言って、いじめの時のセリフにも使われたりします。

 

それが実際に体臭がきつめであったりすれば、尚更、深刻ないじめに合う可能性が高くなります。

 

年齢がいくつになっても、配慮が欠けている人、他人に対する優しさが欠如した人間はいるものです。

 

言葉を発した側は大したことではないように思っていても、言われた方にしてみれば、どんなに深く悩み、何年経っても消えることの無い大きな心の傷になるかもしれません。

 

さらに、社会人であれば、自分の体臭がきついことを悟った瞬間から、体臭予防のために自費を使い、デオドラント製品や体臭予防グッズ、さらには手術などの体臭改善法を試みることもできるでしょう。

 

ですが、小学生や中学生くらいの年齢では、お小遣いなどもそんなにありませんので、人に知られずに市販の薬を買うことも、もちろん手術も受けられないでしょう。

 

高校生ぐらいになれば制汗剤ぐらいは買えるようになるでしょうが、それも程度によりますし、かなりの確率で根本的な対処を行うのが大変だと思われます。

 

子供にとっては身体的特徴でいじめにあうことはとても精神的な痛みを残します。

 

中には最悪な選択肢へと走ってしまう場合も考えられます。

 

自分ではどうしようもないことが多いので親に相談できればいいのでしょうが、なかなか言い出せないケースも多いでしょう。

 

わきがは遺伝の要素も強いようです。

 

子供がわきがであるかは親が気にかけてあげることで学生生活に支障が出ないような方向に持っていけるのではないでしょうか。

 

どちら側からも言いづらいデリケートな問題ですが、学校という親の目が行き届かない家庭以外で他者と触れ合う場所ですので、大事なことではないでしょう。

 

わきがの治し方